パニック症候群 病が進行するとどうなるの?

 2012-03-13
パニック症候群 病が進行するとどうなるの? あきらめていませんか?

50代女性・・・
20年まえからパニック障害にかかり
不安がつのり、外出もままにならずに
自宅にとじこもりの生活をしていたとのことです。

来院時の症状をお聞きしますと
症状は進行している様子と診られました。

パニックの原因は、ポイントは二つです。
下腹部の冷えと頭脳疲労・・・

パニック症候群のツボ パニック症候群の鍼灸治療 パニック症候群 パニック症候群の原因


治療のポイントも
この二点を対象に行います。
そうしますと
西洋医学では原因不明といわれている症例ではありますが・・・
比較的早期に解消される方は多いです。

パニックが進行するということは、
下腹部の冷えと頭脳疲労・・・が進むということを意味します。

病邪がカラダの中に侵入するということですが、
そうしますと症状も多岐にわたり、
頭痛、首痛、腰痛、膝痛などにも及んできます。

これらの症状は、
冷えが進展した場合におきますから
これらを解消する治療も加わることになります。

それでも
ひとつずつの症状を解消すれば癒しのプロセスは確実に進みますが

パニック障害も、早めの治療に越したことはありません。
早期に治療することはとても大切で
悩みを早期に解消することにつながりますし、
症状を進行させない意味でも大切ですね。

あなたは
治らないとあきらめていませんか?

鍼灸治療はお勧めです。

【返金保証】
信用を大切にする希心院ならではの
【返金保証制度】
あなたの満足度でお決めください。
10回回数券をご利用完了後、初回来院時と症状が全く同じの場合は、「全額返金」いたします。
本人申告(患者さん満足度)で来院時の苦痛を「10」として判定してください。

「10」の場合全額返金いたします。
但し終了後一週間以内にお申し出されますようお願いいたします。


フリーダイアル
0120-977-829
つながらない場合は、繰り返しお電話お願いいたします。


Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://harikyuk.blog74.fc2.com/tb.php/952-f7c2e7a1
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示