fc2ブログ

原発性胆汁性肝硬変 20年以上通院し投薬治療を受けて来ましたが。

 2011-10-18
原発性胆汁性肝硬変 20年以上通院し投薬治療を受けて来ましたが。

現在・・・
希心院に通院している・・ゆきんこさん40代女性
病名は・・・原発性胆汁性肝硬変。
東京都の難病指定の病気です。

鍼灸治療・・現在継続中・・・

あなたのご参考になることを願って・
ゆきんこさんの治療つれづれ日記をご紹介いたします。

一つ目は 西洋医学(通院中の病院)は自分にあわないかも。  立場が医者が上で患者が下。 って絶対的に決まってる。  先生とコミュニケーションも上手く取れないし、 自分の体なのに希望は何一つ聞かれない。  顔色


・・・・・・・・・・・・・・

希心院に通いだしてから
すっかり東洋医学の魅力に取り付かれてしまった。


通い始めの頃、
体がとても楽になったので兎に角、
先生に施術してもらいたくて、

自転車で片道20分の道のりを必死にこいでいった。

何でも飽きっぽくて、
続かない私にとって一年も同じ治療院に通うなんて、
それだけで驚きなのである。

少し症状が横ばいに
なってくると私の中で疑問と迷いが沸いてきたのである。



続きをごランになりたい方は・・
         ↓
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
一つ目は
西洋医学(通院中の病院)は自分にあわないかも。

立場が医者が上で患者が下。
って絶対的に決まってる。

先生とコミュニケーションも上手く取れないし、
自分の体なのに希望は何一つ聞かれない。

顔色を見るわけでもなく、
触診する訳でもなく、ただ検査の結果を見て薬を増やしていく。

一度「もうお腹がいっぱいでこれ以上薬は飲めません。」
って言った事があった。

かなり勇気を出して私なりのSOSを出したのだ。
でも「はぁ?」で終わってしまった。  
そんな態度が病人にはとても傷つくのである。

20年以上通院、投薬治療を受けてきた。

いきなりやめるには私も勇気がないし、
「針灸だけで治療します。」
なんて言ったら家族も心配する。。。。どうしよう。。。

でもこの思いをどうやって説明したら家族はわかってくれるのだろうか。

二つ目に
体は楽になったのに、
どうして血液検査の結果はよくならないのだろう。

三つ目は
漢方専門の病院に通ってみようかなと思い出したが、
どこに行けばいいのだろう。
通える範囲の漢方医院を調べたが、
保険が使えないので高額なのだ。

それに私は今、
東京都の難病指定をうけているため月々の診療費補助を受けている。

これは認定保険医(西洋医学)に診断書を書いてもらわないともらえないのである。
月に一万5千円の補助は専業主婦の私にとってありがたい。

それと長年、
先生の顔色を伺ってきた私にとって、
漢方の先生にかかってみたいなんて言ったら、

安達先生は「自分の腕を信用していない!」
って気分を害するんじゃないか。。。。

思いがグルグルしてしまいどうしようもなくなったので、
安達先生に予約の電話を入れた時に
「ちょっと相談があるんですけど、施術中でいいから聞いてもらえますか?」
と言った。

そしたら頼もしい声で「いいよ。じゃぁ、予約の前の時間あけておくから、30分早くおいで。」と。

電話をきった後、なぜか涙が止まらなかった。安心したのである。

私は発症して約20年間安心したかったのである。

私には大切な家族があるけれど、
家族の前でも一生懸命
「病気の事なんて気にしてないから心配しないでね」と演技してきた。

だってメソメソしてたらみんなが心配するから。
だから孤独で不安で仕方なかった。

安達先生に自分の思いを説明するため、紙に書き出してみた。
思いを正確に伝えたいというのと
相手に理解してもらうには自分も伝える努力をしなければと思ったのである。

これは希心院に通いだしてから大きく変わった自分の一部である。

今までは原因より結果重視。
どうしてそう思ったかより、
「こんなに傷ついた!」「こんなに嫌な目にあった!」
と感情を優先させて騒いでいたのである。

いま思うと恥ずかしいばかりである。。。。

長くなったのでちょっとここで一度終わらせます。
続きは近々また送ります。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://harikyuk.blog74.fc2.com/tb.php/825-e6d05e52
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>




葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示