症例 足の浮腫み

 2017-11-07
症例 足の浮腫み

35歳。女性。
「足がむくんで困っている」と治療を依頼される。

西洋医学では、
「顔や手足などの末端が体内の水分の停滞により、
痛みを伴わないで腫れる症候」と解説され、
冷え性や血圧、血液障害が原因とされている。

「浮腫み」解消の依頼はほとんどの女性に多い。

エネルギー的視点で治療するとどうなるか。
私の治療方法をご紹介する。

111115_102142.jpg


治療法は色々あるが、
この方法が簡単で即効性があるので現在はこれで統一している。

それは、足の内果、外踝の天辺の骨に円平鍼を引圧してあてるというもので、
30秒から2~3分ほどで浮腫みがとれてすっきりした足になり、
皮膚も色白になる。

おまけに、足も軽くなり、歩行も楽になるので喜ばれる。

内外踝には、腎からくる冷えが溜まることが分かったので、
この治療法を用いている。

尚、腎からくる冷えは、
ガンや紫斑病、肝疾患、腎疾患などからくる浮腫みにも効果がある。

骨に吸収された冷えは、
接触鍼の円平鍼を引圧すると取れ、
冷えによって膨張された骨は縮小され、
骨が熱を帯びることによって生ずる痛みも同時に解消される。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://harikyuk.blog74.fc2.com/tb.php/2355-6cb222fd
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示