ツボとは何か ツボの診方(みかた)

 2016-02-08
ツボとは何か ツボの診方(みかた)

ツボの診方(みかた)
ツボの反応を、
身体を害するエネルギーの出入口であるとしたり、
目に見えないエネルギー体の呼吸から生ずる
などという診方(みかた)をすると、

従来の常識とは異なる視点
から捉えられシンプルな治療法が可能となる。

ツボはネットワークのように連携していて、
その働きの一つに病邪の排水管のような働きもあって、
それを使い追い出すと症状を短時間で解消しうる。

025.jpg


症例 風邪
18歳男性。
39度の高熱が一週間ほど続き伏せっている
とのことで往診を頼まれた。触診すると、

寒性の風邪が原因で、
足首から冷たい性質を持った風が下腹部に侵入し腎を冒し、
腰部にでて背部に上昇し、
高熱を発するパターンと診断した。

このようなケースはよくあるパターンで、
冬場に特に多く冷え込みの強い日の後に起きやすい。

夏場でも冷房をガンガンかけ身体が弱った後などにも起きる。
「傷寒」といわれる分類に入り、
こじらすと様々な症状を呈する。

寒性の風邪の侵入経路に現れるツボ「大巨」「大腸兪」
背部に上昇する膀胱経というエネルギー通路に現れたツボに順次施灸した。

治療中から熱が下がって楽そうに呼吸をしている。
その晩グッスリ眠れた由。
翌朝には36.5度の平熱に下がり、
夕方には起き上がって元気になったとのお知らせを受けた。

次回に続く・・・第三回 ツボの活用





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://harikyuk.blog74.fc2.com/tb.php/2225-3e4cc439
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示