セラピー上達法 第三アプローチ 「取る」「抜く」(出す。

 2015-06-18
セラピー上達法 第三アプローチ
「取る」「抜く」(出す。放出する。散らす。も同じ意味です)

健康の回復をするには、
生命エネルギーを阻害するエネルギーを体外に出す。
ということがポイントの一つになります。

セラピストからいうと、それらのエネルギーを取る。
抜く。出す。という感じになります。

体外に追い出すエネルギーとは、
寒気(かんき)、湿気、冷え、風邪、意識エネルギーなどがあります。

これらのエネルギーは、
皮ふや皮肉、骨などに入って、止まるとカラダの不調をきたし、
さまざまな症状を生み出します。

取ったり、抜いたりして、
生命エネルギーの流れをスムーズにすることがセラピーの主目的となります。

それでは
寒気(かんき)湿気、冷え、風邪、意識エネルギーの
取り方のポイントについてご説明します。

寒気をとる。
皮膚の内側に侵入した寒気(かんき)を出すには、
エステラボーン(ヘラ型)が適しています。

ピック状を寒気処理のツボ•梁丘に当てると
全身の皮膚に肌色の変化が現れ健康色に変わります。
寒気を出すことによる効果です。

寒気処理のツボを覚えると処理の仕方が分かります。

梁丘、陰交、至陽、膻中をメインとして、
足底の寒気処理のツボ(三点)を覚えることから始めると良いでしょう。

尚、寒気処理をしますと、肌の色に変化が現れ、
健康色に変わりますが、寒気と皮膚の色との関係を覚えておくと、
交通事故後、打ち身で皮膚が黒ずんだり、
青みがかった時などの様々な症例にも活用できます。

先ずは寒気処理から始めると素晴らしい効果を実感できるでしょう。

湿気をとる。
湿気は、骨を包むようにして溜まる性質がありますが、
湿気に覆われると症状が慢性化しやすくなります。

これをとるには、
骨の冷えや熱気をとる方法と同じ要領で行うと、
同時に剥がれるようにして取れることがあります。

湿気がとれたか否かを知るには、

セラピーの後、患者様の肌に湿り気がでたり、
セラピスト自身の手がベトつくなどしますから分かります。

エステラボーン(棒型)(筒型)を骨に当てると手がしっとりしたり、
ベトつく場合がありますが、その時は湿気がとれた証となります。

冷えを抜く。
冷えを骨が吸収すると骨が膨張します。
その膨張をとる。

これがカラダの医学の真骨頂とも言えますが、
取り方には様々な手技があります。
手を使ってとる方法には、吸引手圧があります。

軽く手圧するか、強めにするか、
対象とする骨が何処かによって手技の名前がかわりますが、
原理は同じです。

セラピー上達法 第三アプローチ 「取る」「抜く」(出す。 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩


道具を使う方法では、エステラボーン(棒型)(筒型)があります。
対象とする骨に当て、骨内の冷え、熱気などをとることによって、
痛みなどの症状をとります。

冷えは、病の本質的な要因ですので、
病を根本から治そうとしたら欠かせないです。

風邪を抜く。
風邪は入るものですから、抜くという表現があっていると思います。

風邪には、侵入経路がありますから、
この経路を研究して、追い出すように抜くと解消されます。

冷えとの合併など結構複雑ですが、これが分かると。
セラピーの腕は確実に上がることになります。

尚、風邪を抜いたり、とるには、お灸が優れた効果を発揮します。

アンモナイトを使う。

アンモナイトを使うと、抜く効果がアップします。
螺旋状の左回りをした方を面にして、エステラボーンを置きますと、
害するエネルギーが放出されます。

その効果は、感覚的にいうと3から5倍化です。
アンモナイトは、その効能から往診器としても使えます。

意識エネルギーを解く。
冷えがあって過度の感情や思考が働くと、
意識が集中したエリアの骨が膨張します。

膨張すると元々エリアのもっている
カラダを支えるという役割が低下することになりますから、
そこから病が発生することになります。

それを解消するには、冷えを取ることと合わせて、
過度の意識活動を休ませることが必要になってきます。

この時にカウンセリングの必要性がでてくることになります。

カウンセリングは、相手の気持ちを知ることが大切ですので、
日頃から研究することが求められます。
ある意味この課題が一番難しいかもしれません。






東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://harikyuk.blog74.fc2.com/tb.php/2144-7f586a66
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示