咳止めの方法・・重症ぎみの咳止めのツボのお話し

 2012-08-01
咳止めの方法・・重症ぎみの咳止めのお話しをします。

昨日は、
風邪をひいた後でも・・
コンコンとでる咳をとめる方法をお知らせしましたが、
今日は・・
同じ咳でも・・重症ぎみの咳止めのお話しをします。

自然治癒力の弱っている方で・・・
風邪が侵入しますと・・

カラダの奥にまで入り込んでいきます。
腎にまで達しますと・・
咽喉に不調和がでてくることになります。

腎にまで達した風邪により
腎というエネルギー通路上に熱気が発生しますと・・・・
風邪が肺に侵入する深度がたかくなります。

腎と肺とは関連性が高いからです。

風邪は、
はじめ肺経というエネルギー通路上に入り込みますが・・
侵入深度が高くなりますと・・
直接、肺という臓器にまで影響を与えてくるようになります。

そうしますと・・
肺炎などを生じさせることになりますが、
咽喉に特化しますと・・
咳がとまらなくなってきます。

痰がつまったような咳となって患者さんを苦しめます。

このような場合の咳止めは、
一般の方には・・難しくなります。
専門的な臨床体験をもつ方がもとめられます。

昨日のお話では・・
足の第一関節のポイント一つだけでしたが、
このような場合は、
胸、お腹、足、手、背中とツボが沢山ひつようになりますし・・

自然治癒力をつよめる方法と
同時に・・
風邪を追い出す治療を行う必要があるからです。

特に高齢者や自然治癒力がよわっっている方で・・
咳が止まらないという方は・・
上記の条件にあいますので・・

一般的な咳止めのツボをつかっただけでは
咳止めは難しいですので・・
専門家の鍼灸治療をお勧めいたします。

関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://harikyuk.blog74.fc2.com/tb.php/1100-2d27914d
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示