結膜炎のツボ・鍼灸治療

 2010-11-05
結膜炎のツボ・鍼灸治療

白目が真っ赤に充血する結膜炎の続きです。

続【結膜炎】白目が真っ赤に充血する原因を東洋医学で診ると・・・

・・・・・・・・・・・・・
洋医学では一般的に
風邪の初期には、
「大椎」や「風門」というツボを使います。

この方の場合は、ツボを調べますと
患側の「風門」に反応がありましたので、ここに施灸しました。

この一つのツボに20分ぐらいでしょうか、
お灸をしただけで、みるみる内に赤みが消えていきます。

「翌日には消えていると思うよ」といいました。

翌日電話報告がありました。

「先生全く無くなりました、ありがとうございます。

職場の人に『はりきゅう』で目が真っ赤になったのが消えたといっても、
キョトンとして反応してくれないの、
あれだけ心配してくれたのに!
『はりきゅう』がいいといっても、分らないみたい」

「大抵の人は、結膜炎が一回でいいとは思っていないからね、もちろんお医者さんもね」

「もっと『はりきゅう』を宣伝したら・・・」

といった電話でのやり取りでした。

真っ赤に充血した結膜炎の原因が
「風邪」(ふうじゃ)だと皆さんは思えますか?


Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

【結膜炎】白目が真っ赤に充血する原因を東洋医学で診ると・・・

 2010-11-04
【結膜炎】白目が真っ赤に充血する原因を東洋医学で診ると・・・


はようございます。
一彩です。

今日は
白目が真っ赤に充血する結膜炎のお話です。


【結膜炎】白目が真っ赤に充血する原因

・・・・・・・・・・・

白目のところが
真っ赤になっているから病院にいこうと思って、

その前に一応先生に聞こうと電話したんだけれど、

でも『はりきゅう』は無理よね」

「結膜炎でしょ、
それだったら『灸』ですぐに効果がでるよ」



「目が真っ赤に充血しているのよ、
本当に『はりきゅう』でいいの」


「白目のところが真っ赤になっているんでしょ、

それはね、

風邪(ふうじゃ)が目に侵入して、
炎症をおこしているからなんだよ、

風邪の治療をすれば、たぶん一回でもいい結果が出るよ」

「風邪が原因なの?・・・ふぅん・・・じゃすぐに行く」

50代の女性で「一彩流」の治療を信頼してくれている患者さんからの電話でした。

明日に続く

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示