風邪のあとの中耳炎・・その原因と鍼灸治療

 2013-05-18
風邪のあとの中耳炎・・その原因と鍼灸治療

風邪は治ったのだけれど・・
それから中耳炎になって困っているという女性の方が来院されました。

お医者さまからは、
耳に水が溜まっているから
手術をする必要があるとのことでした。

東洋医学では・・
風邪の後の中耳炎をどのようにみるとかといいますと・・

まず患者様の
カラダを診ますと
大抵・・冷えが慢性的な方が多いですね。

風邪といっても・・
足から侵入するタイプで
足から侵入しますと・・
上昇し、頸部までいくパターンになります。

風邪のあと 中耳炎 原因 鍼灸治療 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩 新小岩


症状としての風邪が収まっても
病邪としての素因は、のこり、
侵入をしていきます。

このような病邪は、
耳たぶの下に滞留します。

ツボの名前で言いますと翳風(えいふう)です。

この周辺に気が滞ります。

ここに滞ると・・
次に病邪は、耳に侵入しやすとなり、
耳の障害が生じてきます。

このようにして
中耳炎は発生すると考えています。

このようなときには、
風邪が深く侵入したと診て
鍼灸治療を行い。

同時に冷えの処置も行います。

そうしますと・・
カラダが温かくなり、血流がめぐった感じがして
中耳炎も癒されることになります。

風邪の後の
耳の障害でお困りの方
お気軽にお尋ねください。

★★★★★・・20代女性の来院率32%の治療院・・安心です。

【返金保証】
信用を大切にする希心院ならではの
【返金保証制度】あなたの満足度でお決めください。

10回回数券をご利用完了後、
初回来院時と症状が全く同じの場合は、「全額返金」いたします。

本人申告(患者さん満足度)で来院時の苦痛を「10」として判定してください。

10の場合・・全額返金・・いたします。
但し終了後一週間以内にお申し出されますようお願いいたします。

フリーダイアル
0120-977-829
つながらない場合は、繰り返しお電話お願いいたします。

★★★最近6ヶ月内に来院された方の住所地
京都23区内
東京都特別区・・23区全域から来院されています。
東京都区外
・・調布市、稲城市、東大和市、八王子市、府中市、小平市、西東京市、小金井市、東村山市、町田市
千葉県
・・市原市、柏市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、佐倉市、千葉市、八千代市、野田市、四街道市 白井市 流山市
埼玉県・・川口市、戸田市、朝霞市、さいたま市、吉川市、北葛飾郡、三郷市、蕨市、深谷市
神奈川県・横浜市、川崎市、大和市、鎌倉市、座間市、藤沢市
茨城県・・龍ヶ崎市、つくば市、取手市、猿島群、
栃木県・・宇都宮市、小山市、足利市、日光市
群馬県・・伊勢崎市、邑楽郡
愛知県・・みよし市、名古屋市
長野県・・長野市
広島県・・府中市、
静岡県・・沼津市、掛川市
大阪府・・大阪市
山口県・・山陽小野田市、
岩手県・・盛岡市、奥州市
宮城県・・石巻市
鹿児島県・・姶良市
新潟県・・村上市
北海道・・北見市、札幌市
秋田県・・能代市
山形県・・新庄市
岡山県・・岡山市
山梨県・・南都留郡、甲府市
石川県・・金沢市
京都府・・京都市
愛知県・・豊田市

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

続【中耳炎】発生要因と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすい理由とは?

 2010-09-06
続【中耳炎】発生要因と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすい理由とは?


はようございます。
一彩です。

今日は
秋口の中耳炎に対する鍼灸治療法のお話です。

秋口の中耳炎と鍼灸治療


は治療法にはいります。

治療法は・・・
秋の急性の「中耳炎」の場合、
冷たい風邪が
背中の上部にある「風門」というところから侵入し、

背中にある
「膈兪」「肝兪」「脾兪」「腎兪」というツボを下ると、

もともと
腎臓の働きが弱い人に耳から膿がでて、
中耳炎になりますから、
侵入した病邪を追い出すように治療するとよいのです。

特に「中耳炎」は、
腹部の「滑肉門」というツボに現われますので、

このツボに「鍼」や「灸」で治療しのちに、


侵入したツボと反対に「腎兪」「脾兪」「肝兪」「膈兪」「風門」と

病邪を体外に追い出すように鍼灸治療します。

そうしますと
比較的短時間で癒すことが可能となります。


東洋医学の病因論からしますと
「風・寒・暑・湿・熱・燥」が病の外因と考えますが、
「中耳炎」も同じ考え方で対処できます。

一般的に内臓の腎にまで侵入した病邪の場合、
西洋医学の診療では比較的長期になるように思われますが、
東洋医学の病因論にもとづく治療をおこないますと、
合併症などが無い場合

癒しのオアシス希心院では・・

1~2回ほどで解消される方もおおいです。


Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

秋口の中耳炎と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすくなりがちです。

 2010-09-05
秋口の中耳炎と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすくなりがちです。

はようございます。
一彩です。

今日は
秋口の中耳炎と鍼灸治療のお話です。

秋口の中耳炎と鍼灸治療

に入ると、
急に耳から膿がでて、
お医者さんから中耳炎といわれる人もいるかと思います。

暑い気温のつづく夏から
冷たい風が身体に感じられる頃になると、

疲労などで身体が弱っていたりすると、
この冷たい風邪が内臓(腎臓)にまで侵入することによって、
「中耳炎」が発生しやすくなりえます。

特に
夏場に冷たい飲料水などを飲みすぎた方と思われる方は・・・


普通、風邪(ふうじゃ)が「腎」にまで侵入すると、
症状は長引く傾向にあります。

人によっては発熱(38~40度)が
一週間続く風邪や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどが起こった後に
中耳炎になったら、

原因は、
風邪(ふうじゃ)が「腎」にまで侵入した
あとの中耳炎と診てよいでしょう。



明日に続く

秋口の中耳炎の鍼灸治療法についてお話します。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示