波動とは何か・・・その④・・科学化に向けて

 2017-02-26
波動とは何か・・・その④・・科学化に向けて

科学化に向けて
気の医学の分野にも波動の概念を取り入れた方が良いと思う。
波動の考え方には、科学の要素が入っているからだ。

量子理論、量子力学によると、物質の最小単位は、
粒子と波長の組み合わせによるとされ、
円形に飛び回る粒子と周期性をもつ波長の組み合わせから形が形成され、
ここから波動が発せられると考えているようだ。

見えないでも確実にある気を人類共通の認識にするには、
科学化、数値による証明がポイントとなるのは当然で、
その方向に進むことが大切だと考える。

エネルギー視点にたつと病とは、
カラダに侵入した「冷え、風邪、意識(感情、思考)エネルギーの滞留」であり、
それは体感で認識できる。

感じられるエネルギーであれば、
当然質量があり、計測が可能となる。

全身疲労 電池切れにも関わらずガンバル症候群 東京都葛飾区東新小岩 新小岩 鍼灸


ダイナマイトなど爆発するエネルギーには、
計算するうえで必要となる単位があるが、
病をなすエネルギーを計測する単位がまだない。

病を質量のあるエネルギーとして認識し、
質量の単位を作り、計算できる単位として表すことができれば、
本来の意味で統合医療が完成すると思える。

科学者の皆さんにお願いしたい。カ
ラダに侵入した生命エネルギーを阻害するエネルギーが病の元であると認識できたなら、
ぜひ数値化する単位を作っていただきたい。切に願う。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

波動とは何か・・・その③・・症例 交通事故

 2017-02-19
波動とは何か・・・その③・・症例 交通事故

症例 交通事故
私の交通事故体験をお話すると。

20代の頃。見えないものに気付かず
、唯物論や唯物史観の本を読み漁っていた。
すると頭が固くなってきた。

その系統の本は読めるのだが、他の本が読めない。
言っている意味が分からない。人の話もそうで何を考えているのか分けらなくなる。

自分の世界だけで考えているので
他のことが飲み込めない状態になった。

柔軟性が失われ頭が固くなり、他人に対して指摘ぐせ、
批判グセがつくようになってしまった。
欠点を指摘するタイプだ。

本人は良かれと思っているのだが
言われた方はたまらないグサッとくるから、自然と人は離れていく。

こんな時、北海道で交通事故にあった。

106 (1)


釧路から知床に続く一本道、
車線の左側に寄せて休憩中に後ろからダンプに追突された。

前の座席と後部座席がくっつく位の追突でペシャンコになる。
四人乗りの車だが四人とも生きていた。
こんなになってもよく生きていたなと思う。
誰かに護られている気がして感謝した。

気がついた時は仰向けになって寝ていた。
何が起きたか分からなかったが救急車に運ばれ病院に直行。
着ていた羽毛服には鮮血がビッシリついていた。

頭から出血したのである。病院を東京に移し三ヶ月ほど入院した。
今思うと頭から出血したのは正解で、
ガチガチに固まった頭の瘀血を出してくれたのだと思っている。

交通事故によって瘀血が流れたからだ。
瘀血が取れることで考え方に柔軟性がでてきて、
自分の変わる転機となった事故だと信じている。

交通事故をエネルギー的にみると、
気のバリアー同士の衝突とみえる。

身体の不調や意識の籠りによって生じた気のバリアー同士がぶつかる構図となる。

自然界はエネルギーがスムーズに流れるを良しとし、
滞りがあるとそれを解消させようとする気能が働くので、
交通事故もそれによって生ずるとみた。

自我のあるものは気のバリアーが強い。
自己主張が多いと喧嘩になりやすいが
それもエネルギー的視点でみると頷ける。

交通事故は喧嘩ではないがバリアー同士のぶつかり合いと考えると納得する。

衝突によってバリアーが外れたと思うと対処方が見えてくる。
要はその後再びバリアーを張らない精神習慣を作ることが大切で、

何故事故が生じたのか、
バリアーを作った原因は何だったのか。
それをヒントに意識改革によって再事故を未然に防ぐことが可能となる。

バリアーは、波動が粗く滞る性質を持つ。
波動を精妙にするために体質の改善と意識の向上によって
エネルギーはスムーズに流れる。

事故を防ぐポイントで何らかの気づきを与える
メッセージとしてみることも大切だと思う。

次回に続く・・・





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

波動とは何か・・・その②・・従来の東洋医学では

 2017-02-12
波動とは何か・・・その②・・従来の東洋医学では

従来の東洋医学では
東洋医学の分野では、
波動が良いとか粗いという言い方はあまり使われない。

気が滞っているかいないか、
希薄なのか凝縮(虚実)かがポイントとなるので
使わなくても理解されてきた。

しかし施術者のエネルギー体感能力が高まると
感じ方が多彩になるので波動という言葉の使い方も多くなるだろう。

また気を科学する場合にも、「波動」の表現は、適しているかもしれない。

078.jpg


愛と自我の性質
愛の波動は精妙でスムーズに流れ、
自我の波動は、粗く固まる傾向がある。

自然界は、
スムーズに流れるを良しとし固まる傾向を排除しようとする気能が働く。

波動が粗くバリアーを張ると
破壊を通して解消しようとするので、
争いや事故を生じさせる潜在的要因となる。

衛気とバリアーの違い
身体と精神が安定しているとカラダを覆うエネルギーも安定する。
それを衛気(ガードエネルギー)という。

臓腑の陰の気能の内、
主に「脾」が司っていて、健康な人はオーラのような衛気が2から3メートルほど覆っている。

この状態だと物理的なものが衝突しようとしても
自然回避力が働いて寸時のところで避けられることが多い

。これは気のバリアーとは異なる。
バリアーは、冷えや自我によって生ずるもので特に自我は、
固くて粗く波状のように段差をつけて外方に広がる。
この違いも知っておくと良い。

次回に続く・・・





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

波動とは何か・・その①

 2017-02-05
波動とは何か・・その①・・定義

今年は、なんとか・・理論書を書き上げたいと思っています。イラストも入れるつもりでデザイナーさんにも頼んでいます。・・応援してくださいね。・・

今回は波動とは何か・・を四回に分けてお届けします。
ご今日のある方・・ご覧になってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

定義
生物、物質から発するエネルギーを波動という。
形を成すものは全て気と意識を内包し三者一体となって固有の波動を発する。

形には固有のエネルギーがあり、意識にもエネルギーがあり、
それを繋ぐ気というエネルギーにも固有のエネルギーがある。

それらが一体となって発されるエネルギーを波動とみて良い。生物、物質に内包する意識のレベルに応じて精妙な波動と粗い波動に分かれる。

041 (1)


「波動」表現をとりいれる
波動の定義は、気の概念と似ている。
「気とは、宇宙、地球、物質、生命に流れる直接目に見えないエネルギーの総称をいう」ので、

ある意味、気の説明をしぼった表現ができる。
私は、気の医学の分野にも「波動」の表現を取り入れた方が良いと思う。

気というエネルギーを、
感覚として認識するには、わかりやすい表現で、
伝えやすいと思える

。第七感覚を身につけるとエネルギー体感が高まってくる。

背中にきてい、腰に来たなどと、患者さんのどこが悪いのか一瞬にわかるようになるが、
その程度を表現するとき「波動が重たい、粗い、精妙だね」という言い方は
相手に伝わりやすいし、診断のときに説明しやすい。

日常会話での使われ方

愛に満ちた人からはエネルギーが精妙で暖かく、
マイナスの感情を持つ人からは冷たく粗いエネルギーが発されるので
前者と接すると気持ち良く波動も良いとされ、後者は避けたくなり波動が粗いなどと表現される。

最近はエネルギーに敏感な人が多
く波動の良し悪しで表現する人が多くなっているようである。

またパワーストーンやサプリなどの
良し悪しを判断する時などに使うと便利だ。

そのものの持つエネルギーを体感すると気持ちが良いか悪いか、
自分に合っているか否かが分かるので表現に適している。

精妙さや粗いが分かり、
身体のどの部分に効いているのかが分かると
波動の表現もバリエーションに富む。

次回に続く・・・





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示