希心院が難病、原因不明に強い理由9

 2014-10-14
希心院が難病、原因不明に強い理由9

第九話 風邪は万病の元

ですからこれを一言でいうと、
風邪は万病の元といいます。

一般的に風邪は万病の元というと、
風邪をひくとそれが原因となって、あとから様々な病気が起こるんだよ
というような意味合いに使われてますけども、
実は風邪というのは、外にある風が体の中に侵入することによって
様々な病気が起こるんですよということなんですね。

ですから風邪が本当の意味で万病の元だということが分かると、
風邪をいかに追い出すか。
今は、風邪というとなかなか普通の風邪と誤解されがちですので、
私はあえてこれを「フウジャ」といいます。

これは東洋医学5千年の前から
風邪は万病の元というふうに言われてますけども、
実はこの風邪が万病の元ということがよく理解されてないのが現実です。

これが本当の意味で万病の元であるかどうかというのが、
理解されたときにですね、

もっと鍼や灸や、または違ったハンドヒーリングとか、
手の気功法ですね。そういうものが様々な形で、
新しい活用がされて行くのではないかと私は思っています。

今日は原因不明に強い理由、その原因はまずは考え方として、
気主肉従、体と気というものがどちらが優先的に病気を治すときに用いられるか、
それについてお話しました。

そして風というもの、私たちの生活の中で環境にある、そよぐ風ですね。
寒いとか、暑いとか、湿度がある、湿気があるとか、熱気があるとか、
こういう気象条件ですね。
気象条件が実は体の病の原因になっているんだということ。

希心院が難病 原因不明に強い理由9 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩

この考え方というのは
一般的な常識にはなっておりませんけども、
実は東洋医学ではこれが原因だということで、病の外因としています。
外因を知ってこの侵入経路をやると、
様々な病気にも対処できるというのが、希心院の考えです。

そういう意味で今日はですね、
おおまかに原因不明に強い理由というのは、
実は肉体と気というものを比べれば、
気のほうを主体として治療することによってもたされる。
そして原因となる、病気の原因をですね、

ウィルスとかそういう病因ではなくて、
単純に環境にある風、寒さ、暑さ、熱、
そういうものが体に侵入したことによって起こるんだということを理解して、
その原因を追い出す治療。

これをすることによって西洋医学でいう
原因不明の病を比較的簡単に癒せる理由であると私のほうは考えております。

ですからそういう原因不明と言われる病でも、
お悩みのかたも一度ですね、お気軽にお越し頂ければ、
私のほうで詳しくお知らせします。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

希心院が難病、原因不明に強い理由8

 2014-10-13
希心院が難病、原因不明に強い理由8

第八話  原因不明の原因

こういうふうにですね、
目に見えるところの病の原因を目に見えない風邪の侵入経路、
こういうふうに見ますと、実は様々な病気が一瞬のうちに、
一瞬といいますか、1時間か2時間のうちに治まってしまう。
現実的には一瞬で治る場合がけっこう多いです。

たとえば股関節痛のときは様々な療法があると思いますけども、
風邪が侵入してきたということから、
風邪を追い出すという治療に置き換えてですね。
鍼や灸を使うと、原因不明といわれるような病でも、
比較的短時間のうちに治まってしまう。
実はそういうことなんですね。

ですから実際には風が、
風はこの背中のところから入ってきますけども、

希心院が難病 原因不明に強い理由8 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩

傷寒というのは、寒さというのは足のほうから入ってきます。
実は風の入ってきたのと、足から入ってきたというのは、
実はおなかのほうのお臍を中心にして、
合流してこれが様々な変化をして難病になっていきます。

ですから、この病の侵入経路をキチッと対処して、
これを知ることによって、
西洋医学でいう原因不明といわれる病気についても、
比較的短時間に治る理由が、実はこういうことなんです。






東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

希心院が難病、原因不明に強い理由7

 2014-10-12
希心院が難病、原因不明に強い理由7

第七話 風邪というエネルギーの特徴

一般的にですけども体が冷えてない人は、
体が冷えてる場合、風邪は上に上がる傾向がありますけども、
一般的に風というのは上から下に流れます。

ですから風が入ってきたときには、
こういうふうにして上から下に入ります。
そうするとこれを風の門、風門というところから入ってきて、
肝臓系統のところに入って、脾臓系統に入って、腎臓系統に入ってくる。

腎臓系統にまで入ると、
たとえば頭が痛い、耳鳴りがする、喉が痛い、頭痛がする、
そして高熱が発する、39度とか。そういうふうにまで発展してきます。

そういう病気であっても
、なかなかお医者さんのほうでは、
色んな薬で1週間とか2週間、高熱を発するというところもありますけども。
腎臓に入ったものを腎臓から脾臓と肝臓、
そして風門というふうにして病邪を追い出すと、
これが不思議に2,3時間のうちに高熱が治ってきます。

それから脾兪というところがありますね。
入ってくると、たとえばですね、
関節が痛い、中だるみするとか、熱がだるくて体がしようがないというような、
いわゆる関節のところに入ってくる病気に発展するんですけども。
こういうのも風邪がここから入ってくると、こういうふうにして追い出すと、
これも簡単に、比較的簡単に大体1時間くらいで病が治まってくる。

希心院が難病 原因不明に強い理由7 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩


それから肝兪というところが入ると、
たとえば股関節、股関節痛いときとか、
よく関節炎がつらいとか、急に発生する場合もあります。
そういう場合は、実は肝臓にまで入ったのが、
これはちょっと複雑な経路をしますけども、簡単にいうと肝兪というところに、
肝臓系統に熱が滞ったとします。
たまったときに実は関節にまできます。

そうすると関節を治すときには、
関節のところを一生懸命治すというだけじゃなくてですね。
風邪が肝兪まで入ったということで、
肝兪から追い出すようにしてやると、
実は股関節がいつのまにか治まってきます。

明日に続く




東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

希心院が難病、原因不明に強い理由6

 2014-10-11

希心院が難病、原因不明に強い理由6

第六話  風邪の経路

これは寒さが足から入ります。風は背中から入ります。
この風邪の侵入経路を知っていることによって、
実は目に見えないエネルギーが
様々な病気を発生していくということが分かりますので、
この風邪を追い出すことによって、様々な病気が治ってきます。

お医者さんで治せない病気のうちの、
原因不明といわれるうちの、私の感じでは8割くらいは、
ほとんどこの風邪の侵入によってもたらされると思います。

これが理解できると非常に様々な病気が、
原因がシンプルにとらえられますので、
病が西洋医学で原因不明だろうと、病の風邪がですね、
どこに入っているかによって様々な病気が分かります。

たとえば風邪の侵入経路が、
どういうふうなところに入ってしまったときに、
どういう症状が起こるのかということを簡単にご説明します。

希心院が難病 原因不明に強い理由 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩 新小岩

実はこの分野というのは、まだ東洋医学の方でも、
これからの研究課題となる考え方でもありますので、
ひとつの提案として受け取っていただきたいと思いますが。
これが分かると様々な病気が分かる。

こういうふうにして、これ背中のほうですね。
これ肩甲骨なので、背中のほうだと思ってくださいね。
そうするとこの2番のあたり、ここが風門といいます。
風の門。ここがたとえば腎兪、腎臓、腎兪ということですね。
この間に膈兪とか、肝兪、これは肝臓系統のところ肝の兪、
この真ん中のところが脾臓。

たとえばですけど、風邪というのが横隔膜のあたりにあると、
首とか頭とかがちょっと痛くなって、熱が出ない状態。
そういうときには風邪がここまで入った状態。
こういうときは、風邪がここからここまで追い出すようにしてやると、
病気というのは簡単に治ります。

明日に続く




東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

希心院が難病、原因不明に強い理由5

 2014-10-10
希心院が難病、原因不明に強い理由5

第五話 エネルギーの膜

それで理解していうのは、
人間にはエネルギーの膜で覆われているという考え方、
これをまず理解していくとすごく分かりやすいので書きますと。

それは目に見えないエネルギーですから、
なかなか理解しづらいんですけども、体験上それを理解していくと、
非常にすごく病を治すのに、ものすごく重要だと思いますので。
説明しますね。

たとえば人間の体をこういうふうにしてますけども、
これ必ずエネルギーの膜があります。

それはオーラと言ったり、
人間の体を守るので衛気と言います。まもる気。
この人間の衛気というのは、
ちょうど地球とこれに大気層がありますね。大気の層。
この地球と大気の層というものを理解すると非常に分かりやすいので、
大気層で説明します。

地球のまわりはバンアレン体だとか電離層だとか、
様々な目に見えないエネルギーの層に囲まれてます。
このエネルギーの層に囲まれてるので、
ここにぶつかると隕石とかが途中で燃えてしまいますね。

それから紫外線とかが侵入しても、ここで守られていますから遮断されます。
紫外線なんかが、これがもし薄くなると、ここに住む人たちの、
人間は皮膚病になったり、皮膚ガンになったり、
こういうことが言われてますけども。
ならない理由はこの大気の層があるからですね。

この大気層に地球が守られてるので、この間の生命が生きられる。
こういうことですね。

それと同じように、
人間にも実は目に見えないエネルギーの層があって、
囲まれていて、ここのエネルギーの層がしっかりした状態だと気が流れます。

外からの環境に守られてるわけですね。
これが実は健康ということなんです。

希心院 難病 原因不明 強い理由 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩 新小岩 鍼灸

不健康というのはどういうことかというと、
この大気の、衛気が細くなってしまう。これが弱まってくると、
実は大気、空気の中にある風、それから寒さ、それから暑い、湿気がある、
こういう天気のエネルギーですね。
この天気のエネルギーが、風が体の中に入ってしまう。

そうすると、
エネルギーの層がしっかりしていればそうでもないんですけども、
エネルギーの層が弱まると、体の中にこれらの気象条件のうちの、
いわゆる風だとか、寒さだとか、冷えだとか、湿度とか、暑さとかですね。
それから熱気もそうですけども。熱。

こういうものが入ってくると、
実は体の中にエネルギーの流れが阻害されるんです。
これの流れが阻害される条件を一言でいうと
「カゼ」、「フウジャ」、風邪といいます。

だから風邪というとせきこんだり、
熱が出たりといった症状のことを西洋医学とか、
私たち常識の中では言いますけども、
実は本当の意味は、風邪をひくというのは、
風が体の中に入るということなんです。風が。

つまり、体の中に寒さが入ってくることを、寒気、
寒気が入っておこすのを寒気障害といって、傷寒といいます。
これは寒さをやぶる。
傷寒というと、かなりの腸チフスだとか、病の重たい病気、
それぞれの伝染病とかいうのはほとんど傷寒の部類に入ります。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示