慢性胃痛に多い・・寒気のルートと処置の仕方について

 2012-05-15
慢性胃痛に多い・・寒気のルートと処置の仕方について

いままで寒気(かんき)処理の方法として
梁丘、陰交、至陽というルートをご紹介してきました。

このエネルギールートを処理しますと
胃の不快感や皮膚がきれいになるなどの改善がみられます。

では
寒気(かんき)がより勢力を増すと・・
どのように侵入していくのか?
今日はこのことについてお話したいと思います。

慢性胃痛 寒気のルート 処置 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩 新小岩


寒気は、
まず初めに足の膝の上にあります梁丘というツボにあらわれます。
胃経というエネルギーの通路にありますので
胃痛の特効穴として有名なツボでもあります。

ここに溜まった寒気は、お臍の下の陰交に進み
そしてお腹側から背中側に回り・・至陽というツボに侵攻していきます。

ここまでのご説明はすでにしてありますが・・
寒気が勢力を増すと・・

脊柱の第七椎下にあります至陽というツボから
一つ上にあります第六椎下のツボ・・霊台(れいだい)に
上昇しますと・・

そして次には、背中側から胸部の方に移行し
膻中というツボに現れます。


霊台と膻中というツボに現れますと・・
胸部と背部の気が停滞しますので・・
肺の働きが低下して・・呼吸が浅くなります。

そうしますと・・気分もすぐれなくなりますので
やる気が起こらず・・
お医者様からは、うつ病だという診断も下されるようになるようです。

一方
梁丘に集まった寒気は、
勢いがつくと・・足の胃経というエネルギーの通路を通って
足底にまで進行していきます。

そうしますと・・
親指の中足骨のわきにでてきます。
このツボの名前を胃寒(いかん)のツボと名付けました。

胃寒のツボにまで侵入しますと・・
胃経というエネルギーの通路上の皮膚は
温かいく感じられます。

これが生じますとエネルギーの流通を妨げますので
全身に悪影響が及ぶことにつながります。

胃が慢性的に悪い・・
うつ的になる
やる気が起こらない
ぶつけてもいないのに青あざができる・・
などといったような症状に悩まされることになります。


思い当たるという方・・
お気軽にお越しください。

【返金保証】
信用を大切にする希心院ならではの
【返金保証制度】
あなたの満足度でお決めください。
10回回数券をご利用完了後、初回来院時と症状が全く同じの場合は、「全額返金」いたします。
本人申告(患者さん満足度)で来院時の苦痛を「10」として判定してください。

「10」の場合全額返金いたします。
但し終了後一週間以内にお申し出されますようお願いいたします。


フリーダイアル
0120-977-829
つながらない場合は、繰り返しお電話お願いいたします。


★最近6ヶ月内に来院された方の住所地
京都23区内
・・葛飾区、江戸川区、世田谷区、杉並区、板橋区、荒川区、練馬区、中央区、台東区、江東区、港区、新宿区、渋谷区、千代田区、港区、大田区、品川区、中野区、足立区、港区、北区、墨田区、
東京都区外
・・調布市、稲城市、東大和市、八王子市、府中市、小平市、西東京市、小金井市、東村山市
千葉県・・市原市、柏市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、佐倉市、千葉市、八千代市、野田市、四街道市  
埼玉県・・川口市、戸田市、朝霞市、さいたま市、吉川市、北葛飾郡、三郷市、蕨市
神奈川県・横浜市、川崎市、大和市、鎌倉市、座間市、
茨城県・・龍ヶ崎市、つくば市、取手市、猿島群、
栃木県・・宇都宮市、小山市、足利市
愛知県・・みよし市、
長野県・・長野市
広島県・・府中市、
静岡県・・沼津市、掛川市
山口県・・山陽小野田市、
岩手県・・盛岡市、奥州市
宮城県・・石巻市
鹿児島県・・姶良市
新潟県・・村上市
北海道・・北見市、札幌市
秋田県・・能代市
山形県・・新庄市
岡山県・・岡山市
山梨県・・南都留郡、甲府市
石川県・・金沢市
京都府・・京都市
愛知県・・豊田市

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

胃のむかつき、ムカムカして吐き気がする、嘔吐などの胃の不調、胃炎の原因と治療

 2010-02-04
胃のむかつき、ムカムカして吐き気がする、嘔吐などの胃の不調、胃炎の原因と治療


はようございます。
一彩です。

今日は、
【冬場の症状】胃のむかつき、
ムラムラして吐き気がする、
嘔吐などの胃の不調原因と鍼灸治療についてのお話です。


東京都葛飾区東新小岩 鍼灸(はりきゅう)治療院 胃のむかつき ムカムカし 吐き気 嘔吐 胃の不調、胃炎 原因 治療



なたは
いつも足が冷たいと悩んでいる
冷性体質の方ではありませんか?

あなたは
特に今冬の寒さに
仕事場で、
足がジンジンとシンシンと
冷えるところで働いていませんか?

何とかならないかと
お悩みではありませんか?

なたは
寒い場所に出張してから、
胃の調子が悪くなり、
胃のむかつき、
ムカムカして吐き気がする、
嘔吐などの胃の不調を
今現在訴えていませんか?

この原因を
東洋医学の立場から
これらの症状を考えますと、
寒気が直接の原因と診ています。

ふだんから冷性体質だからと、
漢方薬を飲んだけれど、
気持ちが悪くなり、違和感がして止めた、
という体験をしていませんか?

冷え症と寒気が原因ですが、
冷えは、体質の低下をもたらし、
寒気は、病邪となって、胃の不調の直接の原因となりますが、
このような症状のときは、
寒気を体から外に追い出すのが優先で、
冷性改善の薬は、反作用を生じやすくします。

寒気という病邪は、
冷性の改質の改善では追い出せないからです。
冷性の投薬をしますと反発し、
病邪が体内を巡るから、
かえって症状が広がるからです。

このような時、鍼灸治療のツボは、
梁丘というツボをつかいます。

梁丘は、別名、「寒府」といわれます。

寒気が集まるツボで、
胃経というエネルギー通路上にあります。

ですから、ここに寒気という病邪が集まると、
胃経の管轄する胃とか足先に症状があらわれやすくなります。

寒気は、上昇しますので、
肩こり、首のこり、頭痛、風邪の症状、首のしこり、ガングリオン
までも生じさせる要因となりえます。

寒気が進入したことから発生した胃のむかつき、
ムラムラして吐き気がするといった症状は、
結構危険な兆候でもありますから、
油断大敵で、
早めの鍼灸治療をお薦めします。

西洋医学のお医者さんから
原因不明といわれるケースに
つながりかねませんので要注意です。


寒気が原因の病には、鍼灸治療は絶対のおすすめです。
とくに【安達流鍼灸治療】はお薦めです。鍼灸治療で、人間本来の自己免疫力、自然治癒力を高め、これらの病の回復をされたいと思っている方は、東京 新小岩 鍼灸治療院 希心院(きしんいん)まで、今すぐ0120-977-829に電話か、help@kishinin.comまでメールでお尋ねください。東洋医学の立場から親切丁寧に説明し、ご相談に応じています。


Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示