鍼灸治療でも保険適用の方法

 2010-02-20
鍼灸治療でも保険適用の方法があるのをご存知ですか?

今日は、
鍼灸治療を保険でかかる方法
についてのお話です。

鍼灸治療 保険適用の仕方

鍼灸には、
保険が適用されない
と思っていらっしゃる方は多いですね。


でも
医師の同意書があれば
保険の適用は受けられます。


同意書があれば

鍼灸で受けられる病は・・・
神経痛、リウマチ、頸肩腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症の六症例です。

マッサージの場合は、
パーキンソン病、脳内出血による麻痺、神経痛、五十肩、関節リウマチ、頸肩腕症候群、高血圧、関節拘縮 その他になります。

上記の場合、保険の受け方は・・・
療養費払いという形をとります。
医師の同意書を得れば療養費払いで、鍼灸を保険で受けることができます。
療養費払いとは、当日は鍼灸院には実費で支払い、
後日会社の所属する保険から支払われるという制度です。
詳しくは、会社の福利厚生担当の方にお聞きすると良いでしょう。


私の場合、医師の同意書のもらい“全身性疲労症候群”で六年間ほど鍼灸治療を受けたことがあります。
上記の病に関わらず、慢性的な疾患でお悩みの方でしたら、かかりつけの医師とご相談してみては如何でしょうか?

■その他、
労災、交通事故障害・後遺症も受けられます。

これらも医師の同意書が必要となります。


交通事故にあったならばまず、加入している保険会社の担当者にまず連絡すると良いです。
交通事故後遺症の場合でも、示談が済むまでは要望にこたえてくれますから。

交通事故後遺症には、鍼灸治療は特にお薦めです。


医師の同意書を受けるに当たってのポイントは、

同意書代がかかることと・・

そして実際に同意書を医師からもらうとき・・・

どうも医師が同意書を出すのを渋る傾向があるみたいです。

他の医療機関にかかるのを防ぎたいのでは
とかんぐりたくなるような態度をする先生がおおいように見受けられます。

きちんと意志を伝えることがポイントかも知れません。

★ちなみに私の体験では、
比較的「民医連」関連の病院は、鍼灸を保険にとりいれる運動もしていることからでしょうか。ここに勤めている先生は、比較的患者さんの立場になって鍼灸の同意書を書いてくれるように感じています。

★同意書を良心的に書いてくれる病院又は医院がありましたら、
情報をお寄せくださると助かります。
順次皆様にご紹介したいと思っております。



交通事故後遺症には、鍼灸治療は絶対のおすすめです。

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

亀戸、金町、浅草、北千住、錦糸町、船橋からも多数ご来院されています。

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示