頭の骨の盛り上がりと・・難病系の病との関連性について

 2013-12-26
頭の骨の盛り上がりと・・難病系の病との関連性について

最近・・、
毎日・・頭の骨を触っています。

頭の骨ツボを使って・・
カラダ全体の不調を整える・・という治療をしているからですが・・

人によって・・・頭蓋骨の形がちがうことが
感じられます。

変わらない構造がある程度わかるようになりますと・・
変わった部分が明確になってきます。

最近この変わった部分と病気との関連性を
見てみますと・・・

難病系のやまいの人に特徴のある
盛り上がり箇所があることがわかってきました。

その隆起の盛り上がったところというのは、
後頭部にあります。
慢性的な症状でお悩みの方の共通点・・の一つですが・・
後頭部の盛り上り・・です。

頭の骨の盛り上がりと・・難病系の病との関連性について


目は、顔側にありますが、ちょうど
目の裏といったらよいのでしょうか?
後頭部側が盛り上がっている方が多いです。

どうもこの部分が盛り上がると
正常なエネルギー・正気の流れが阻害され
慢性病を固定させる要因になっているようです。

冷えと思考が関係して
盛り上がりを生起させていると考えられます。

骨ツボの位置から説明しますと・・
第一段と第二段の間ですね。
中央から両側に生じたもりあがりです。

この盛り上がり部分を解消してわかったことがありますので・・
しばらくはこの部分について
ブログしていきたいとおもいます。

お楽しみに・・
明日に続く



葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829



Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

難病を得意とする理由と鍼灸

 2010-08-23
難病を得意とする理由と鍼灸

希心院の難病を得意とする理由と鍼灸についてです。

難病を得意とする理由と鍼灸


うして希心院は、難病を得意としているのですか?
とよく聞かれます。

なぜかといいますと・・・

治し難い病にも、
共通するパターンがありまして、
その診方によって治療しますと効果が期待できるからです。

希心院では、
うつ病、不妊症、側湾症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、ひざ痛、リウマチ、ギラン・バレー症候群、帯状疱疹、突発性難聴、バセドー氏病、お多福風邪による難聴、口の周りが赤くなる湿疹などにも共通して一定の形があると確信するに至りました。

それは、
東洋医学の見方ですが、
本来の見方で診る中にあります。

病の本質は、気の滞りの中にあること

そして、
病を生じさせる外因を
「風・寒・暑・湿・熱・燥」であると捉え、
体に侵入する病邪の経路を知ることによってもたらされます。

患者さんの体質を良く知ること
侵入の経路、弱いところを知ること
季節の要因を考えること
冷えがあるか
風邪がどこに侵入しているか
などを総合して診ると

一定のパターンが診えてきます。

このような診方に基づいて
鍼灸治療を行うと
治し難い病でも、健康の回復が期待できます。

お医者さんから
「一生治らない病気です」とか「原因不明ですが」
とか言われるいわゆる難病でお悩みの方でも、お気軽にご相談くださいますようご案内申し上げます。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

【秘訣】治し難い病もよくなる理由?と鍼灸治療・東京 新小岩 鍼灸治療院 希心院(きしんいん)の診方

 2010-01-14
【秘訣】治し難い病もよくなる理由?と鍼灸治療・東京 新小岩 鍼灸治療院 希心院(きしんいん)の診方


はようございます。
一彩です。


今日は、難病もよくなる理由?についてです。

どうして希心院は、難病を得意としているのですか?
とよく聞かれます。

なぜかといいますと・・・

治し難い病にも、共通するパターンがありまして、
その診方によって治療しますと、
効果が期待できるからです。

先生説明イラスト


東京 新小岩 鍼灸治療院 希心院(きしんいん)では、

・・・・・・

うつ病、不妊症、側湾症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、ひざ痛、リウマチ、ギラン・バレー症候群、低髄液圧症候群、帯状疱疹、突発性難聴、バセドー氏病、お多福風邪による難聴、口の周りが赤くなる湿疹

・・・・・・

などにも共通して一定の形がある
と確信するに至りました。

それは、
東洋医学の見方ですが、
本来の見方で診る中にあります。


病の本質は、気の滞りの中にあること


そして
病を生じさせる外因を
「風・寒・暑・湿・熱・燥」であると捉え、
体に侵入する病邪の経路を知ることによってもたらされます。

患者さんの体質を良く知ること
侵入の経路、弱いところを知ること
季節の要因を考えること
冷えがあるか
風邪がどこに侵入しているか
などを総合して診ると

一定のパターンが診えてきます。

このような診方に基づいて
鍼灸治療を行うと
治し難い病でも、健康の回復が期待できます。

★コメント希心院
お医者さんから「一生治らない病気です」とか「原因不明ですが」とか言われるいわゆる難病でお悩みの方でも、お気軽に03-3692-8305に電話か、kishinin@gmail.comまでメールでお尋ねください。東洋医学の立場から親切丁寧に説明し、ご相談に応じています。


Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示