避難所でも多い・低体温やけど・・あなたも経験ありますか?

 2011-03-31
避難所でも多い・低体温やけど・・あなたも経験ありますか?


づいてみたら・・ヒリヒリ痛む・・・
ちょっとみたら・・
いつも間にか・・皮膚が炎症を起こしている。
やけどになっている。

湯たんぽやカイロを使っただけなの!!

なんにも感じなかったのに!!

どうして・・と疑問をお持ちじゃなかったですか?

あなたは大丈夫ですか?低体温やけど・・

避難所 低体温やけど

ではなぜ・・低体温やけどになるのか?
その原因から考えてみましょう。

東洋医学エネルギー論からの説明ですが・
それでよろしかったら・・続きをお読みください。

私たちのカラダには、
目には直接見えませんが・・

カラダを包むようなエネルギー体があります。

それは、
地球が大気に覆われているのと同じですね。

低体温ヤケドになる方というのは、

東洋医学てきにいいますと・・
脾虚症といいます。

脾臓の働きが低下している症状という意味になります。

脾は、気を司るといいまして・・

気・エネルギーを管理している脾の働きが弱まりますと・・
カラダを包むエネルギー膜が弱まり・・
薄くなる傾向があります。

そうなると・・
どうなるかといいますと・・

自然環境にある風や寒さがカラダに浸入しやすくなってきます。


カラダに入って・・カラダ全体を覆うようになりますと・・
特に寒さ・ですね。

これを寒気(かんき)といいます。

冷えは、一箇所に集まる傾向がありますが・・
寒気は、全身を覆う性質を持っています。

寒気に覆われたカラダというのは、

皮膚の感覚が低下してきます。

正常なエネルギーで包まれている方は、
外の反応に対して敏感に働き
神経を通して・・危険を察知し・知らせます。

しかし・・
寒気に覆われた体は・・この防御反応が低下しますから・・
皮膚上の熱にたいしても鈍感になります。

これが原因と考えられます。

では・・
どのようにしたら・・
低体温ヤケドを防げるのか?

明後日につづく


【返金保証】
信用を大切にする希心院ならではの
【返金保証制度】
あなたの満足度でお決めください。
10回回数券をご利用完了後、初回来院時と症状が全く同じの場合は、「全額返金」いたします。
本人申告(患者さん満足度)で来院時の苦痛を「10」として判定してください。「10」の場合全額返金いたします。但し終了後一週間以内にお申し出されますようお願いいたします。


0120-977-829
つながらない場合は、繰り返しお電話お願いいたします。


亀戸、金町、浅草、北千住、錦糸町、船橋からも多数ご来院されています。

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示