症例 突発性難聴

 2017-08-06
症例 突発性難聴

34歳女性。
一ヶ月ほど前から耳の聴こえが悪くなったとのことで来院。
肩こり、手の痺れもあるという。

内くるぶしにアンモナイトとエステラボーン、
スギライトを重ねて置き、
エネルギー体感すると先ず背中の脾胃の処に反応がある。

次に上腕骨と後頭関節にも
私の身体にクライアントと同じ不調部分がシンクロする。

これから推測すると、
先ず胃の調子が悪いことが分かる。

095.jpg


胃の不調が冷えを下腹部に発生させ、
気の防御が薄くなったところに足首から寒い性質を持つ風邪が侵入して、
肋骨から胸に進み、背中に回り、
上腕骨と後頭関節に進み、側頭骨に寒性の風邪が侵入して生ずる
突発性難聴と診た。

手の痺れは上腕骨の滞りから来ることが分かっていたので
診立ても瞬時に行われた。

足から冷えを取り、脾胃を良くしてから、
上腕骨、後頭関節と側頭骨に溜まった風邪を抜き取る治療を行う。

三回の治療で耳の違和感が無くなくなり、
肩こり、手の痺れもないとの連絡を受けた。
第七感覚を使った診断と治療はこのような感じで行われる。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。

鍼とは何か7 症例 骨の縮正 外反母趾

 2017-04-30
鍼とは何か7 症例 骨の縮正 外反母趾

エステラボーンを使って骨を縮めることが出来る。
どの骨でも可能だが、
クライアントが見て直ぐに分かる例として
外反母趾の隆起した骨で体験してもらうことがある。

外反母趾と言えば、
母趾の付け根の関節が突出し隆起するのを特長とするが、
その原因は、腎と脾の気能が低下しているにも関わらず
肝を使い過ぎてオーバーワークしたエネルギーが
股関節から足に流れ足の母趾関節に滞留して隆起すると診ている。

_エステラボーン3


一般的には靴などの圧迫からと考えているが
エネルギー的に診るとそうではない。
治療法は肝を鎮めると良いのだが、
隆起した骨にエステラボーンを「引く」動作を加えて当てると縮めることが出来る。
1から2分程でも縮まることが確認できるので骨縮正例として公開することが多い。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事

冷えとは何か 症例 捻挫

 2016-06-12
冷えとは何か 症例 捻挫

症例 捻挫
24歳女性。
右足の捻挫。整骨院で週二度、半年間通院したが一向に治らないだけでなく、
返って悪くなっている感じがするとのことで来院。
行く度に冷湿布を貼り、電気治療をした由。

待ち時間も長くイライラしていたと嘆いた。
患部が浮腫んで腫れている。

捻挫特有の熱気は少なくなっているが冷えが浸透していると診た。
冷えをとり、捻挫部に施灸をして二回で治る。
以後痛み出ていないとの連絡を受けた。

冷えとは何か 症例 捻挫 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩 新小岩 鍼灸 鍼灸治療


「冷症」の痛み
深冷気化した冷えというエネルギーが
骨の内部の中心•骨髄に侵入すると「冷症」となって痛みを生ずる。

冬にスーパーマーケットにいって
肉売り場とか冷凍物を置いてある前にいくのが苦痛の人で、
冷えで痛くていられない人はこの感覚がわかるだろう。

冷蔵庫を開けると「ヒヤー」とする感覚が
冷えというエネルギーの体感で、
冷凍庫を開けるともっと強くなる。

ドライアイスになると一段と強くなる。
深冷気とはドライアイスのような冷えと考えると理解しやすい。

ドライアイス状の冷えが骨の髄に侵食している状態で
痛みがでるのが「冷症」だ。

これには、徹底して骨から深冷気を処理する必要がある。
熱気を持たないでの痛みはほとんどがこれが原因と考えられる。
ガンなども原因は深冷気と考えている。
ガンの正体を深冷気とすると対処法が明確になる。
要は根気よく取り除けば良い訳で、
原因はシンプルなので誰でも癒治可能となり得る。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事

冷えとは何か 症例 浮腫み

 2016-05-23
冷えとは何か 症例 浮腫み

症例1 浮腫み
身近な症例をご紹介すると、足の浮腫みがある。
これも冷えが原因となる。
32歳女性。慢性的な疲労と足の浮腫みが気になるとのことで来院。

皮膚を押すと中々もとに戻らない。
靴下のあとも残っていて弾力性が失われている。
このようなケースは、腎と脾に入った冷えが原因として治療している。

腎の冷えの出口となる内外踝の骨の先端と
脾の出口となる足底の骨から冷えを抜き取り、
下腹部の冷えを処理する治療を行うこと
二回で足の浮腫みは解消した。
足首がスッキリして浮腫みがとれたといって喜ばれた。

冷えとは何か 症例 浮腫み 鍼灸(はりきゅう)治療院 東京都葛飾区東新小岩 新小岩 鍼灸 鍼灸治療


「浮腫(ふしゅ)とは、
顔や手足などの末端が体内の水分により痛みを伴わない形で腫れる症候。
浮腫み(むくみ)ともいう」とされ原因は様々ある。
心疾患、肝疾患、腎疾患、内分泌疾患などからくるものもあり、
ガンでも浮腫みが生じる。これらに共通する点は、冷えが関わっており、
冷えの濃度も高くなり、
「冷気」「強冷気」「深冷気」「粘冷気」が複合して生じると診ている。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事

風邪とは何か 症例 寝違い

 2016-04-25
風邪とは何か 症例 寝違い

症例 寝違い
53歳女性。朝起きると寝違えで、
首が曲がらなくなったといって来院。
首の左側面•胸鎖乳突筋が張っていて、
首を動かすのがしんどそうである。
結論から言うと、風邪が原因と診て一回の治療で治る。

夜中に寒性の風邪が足から入り、
首にまで到達し拘縮を生じさせたと診断した。

寒性の風邪は、足首から首に至ると、
頚椎の5番の脇あたりに溜まる性質を持つ。

このツボを寒風府(かんかふ)のツボと名付けた。
寒性の風邪が集まるところという意味で、
風邪の侵入経路を研究している内に発見したオリジナル独創穴である。

このツボに手の中指の先端を当て、
風邪を丹念に抜きながら施術すると治る。
ちなみに、手の感触で「ヒャー」とした感じを受けるので、
寒い性質をもった風であることが分かる。

寒風府のツボは、
胸部から頭全体に現れる様々な症状に効果を発揮する。

風邪がツボに溜まると、
そこから生命エネルギーの流れが阻害され、
その経路上の部位に障害を生じさせる。

頭痛、偏頭痛、耳鳴り、突発性難聴、
眼精疲労、顎関節症、円形脱毛症などなども
ここに滞留した風邪が原因となるケースが多い。
ここに滞留した風邪を処理すると即効的な効果が期待できる。

一般的に「寝違い」というと。
不自然な姿勢で眠り続けた時に、
疲労や睡眠不足あるいは泥酔状態で眠ってしまうとおこるとされ、
睡眠時の姿勢が問題で、
首の関節や筋肉にかかっていた負担が原因と考えられている。

医学用語ではないが「頸部周囲の靭帯や筋肉の急性炎症による
痛みの総称としてとらえて、急性疼痛性頸部拘縮とも呼ばれることもある」という。

その他、頭痛や背中の痛み、圧痛部やしこりを伴う場合もあり、
頸部の緊張が続くと、肩や上肢にいく神経のとおり道が頸部の筋肉で圧迫され、
手のしびれや肩こりを伴う場合もあるとされる。
治療法は、原因が、頸椎の関節や筋肉・靭帯である場合、
頸部の緊張を解くことをメインとしているようだ。
症状が強い場合は局所注射、神経ブロックなどを行うという。





東京新小岩 鍼灸治療院 希心院

インターネット予約

葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示