FC2ブログ

扁桃腺炎の診かたと鍼灸治療

 2011-04-08
扁桃炎・扁桃腺炎の診かたと鍼灸治療

今日は
扁桃炎・扁桃腺炎のお話です。

扁桃炎 扁桃腺炎 鍼灸治療 抗生物質 カイロ 頚椎のゆがみ 奇経療法


お医者にいったけど、
薬・抗生物質をもらっただけで、
痛みはとれない、後は手術をすすめられた。


カイロにいったら、
頚椎のゆがみがあるといわれたけど治らないので・・
鍼灸治療を受けに来たという患者さん・・・

左の扁桃腺が腫れ、痛み、しゃべるのもつらいとのこと。

発病は、一週間ほど経過している由・・

全身を触診すると
寒気(かんき)の浸入の兆候あり・・
脈診すると・・・
肝、脾、腎の働きが低下している様子です。

西洋医学では・・・
扁桃炎(へんとうえん)は、扁桃腺炎ともいい・・
扁桃腺上の常在菌が活動して炎症を起こす病気とみているようですが・・

東洋医学では、
扁桃腺炎という喉に生じた炎症でも、
原因を、
全身の体調から診断いたします。

奇経療法で、全身に流れるエネルギーバランスを良くしてから・・
寒気(かんき)を取り除き・・
風邪の治療をしたのちに・・
扁桃腺の痛む箇所に鍼をおこないます。


このようにしますと・・・
初回だけの治療でも・・・
大抵は、
来院時の痛みを10とすると5にまで半減し
だいぶ楽になったといって帰られます。(本人申告)

こういう点では、
鍼灸治療は、とても即効性のある治療法だとおもいます。

扁桃腺、扁桃腺炎で・・なかなかな治らないとお困りの方・・
当院の鍼灸治療をお薦めいたします。

体質改善治療も含めてご相談に応じています。
どうぞ、
お気楽にお越しくださるようご案内申し上げます。

 
葛飾区新小岩 鍼灸治療院 希心院
フリーダイヤル:0120-977-829

亀戸、金町、浅草、北千住、錦糸町、船橋からも多数ご来院されています。

Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事

続【中耳炎】発生要因と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすい理由とは?

 2010-09-06
続【中耳炎】発生要因と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすい理由とは?


はようございます。
一彩です。

今日は
秋口の中耳炎に対する鍼灸治療法のお話です。

秋口の中耳炎と鍼灸治療


は治療法にはいります。

治療法は・・・
秋の急性の「中耳炎」の場合、
冷たい風邪が
背中の上部にある「風門」というところから侵入し、

背中にある
「膈兪」「肝兪」「脾兪」「腎兪」というツボを下ると、

もともと
腎臓の働きが弱い人に耳から膿がでて、
中耳炎になりますから、
侵入した病邪を追い出すように治療するとよいのです。

特に「中耳炎」は、
腹部の「滑肉門」というツボに現われますので、

このツボに「鍼」や「灸」で治療しのちに、


侵入したツボと反対に「腎兪」「脾兪」「肝兪」「膈兪」「風門」と

病邪を体外に追い出すように鍼灸治療します。

そうしますと
比較的短時間で癒すことが可能となります。


東洋医学の病因論からしますと
「風・寒・暑・湿・熱・燥」が病の外因と考えますが、
「中耳炎」も同じ考え方で対処できます。

一般的に内臓の腎にまで侵入した病邪の場合、
西洋医学の診療では比較的長期になるように思われますが、
東洋医学の病因論にもとづく治療をおこないますと、
合併症などが無い場合

癒しのオアシス希心院では・・

1~2回ほどで解消される方もおおいです。


Copyright 2010 Harikyuu Kishinin All rights reserved.
無断複写、複製、転載を禁じます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事

秋口の中耳炎と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすくなりがちです。

 2010-09-05
秋口の中耳炎と鍼灸治療・・一週間続く発熱や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどの後に起きやすくなりがちです。

はようございます。
一彩です。

今日は
秋口の中耳炎と鍼灸治療のお話です。

秋口の中耳炎と鍼灸治療

に入ると、
急に耳から膿がでて、
お医者さんから中耳炎といわれる人もいるかと思います。

暑い気温のつづく夏から
冷たい風が身体に感じられる頃になると、

疲労などで身体が弱っていたりすると、
この冷たい風邪が内臓(腎臓)にまで侵入することによって、
「中耳炎」が発生しやすくなりえます。

特に
夏場に冷たい飲料水などを飲みすぎた方と思われる方は・・・


普通、風邪(ふうじゃ)が「腎」にまで侵入すると、
症状は長引く傾向にあります。

人によっては発熱(38~40度)が
一週間続く風邪や頭痛、扁桃腺炎、耳鳴りなどが起こった後に
中耳炎になったら、

原因は、
風邪(ふうじゃ)が「腎」にまで侵入した
あとの中耳炎と診てよいでしょう。



明日に続く

秋口の中耳炎の鍼灸治療法についてお話します。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑ブログランキングです。↑クリックすると1票になります。お願いします。
関連記事
| ホーム |
プロフィール

Author:安達一彩
東京新小岩
鍼灸 美容指圧 治療院 希心院

東京都葛飾区東新小岩4-13-23
院長 安達一彩(あだちいっさい)

希心院ホームページ
待合室と治療室の写真
治療の流れ
女性の服装・着衣
料金表
※ブログ・HPを見た方は、初診料を割引いたします。

nozu0323_6181

<国家資格>
はり師  免許証番号第17993号
きゅう師 免許証番号第17847号

<診療時間> 
午前9時~午後7時
※土日祝祭日可
☆月曜日定休日

★ネット予約または、
電話、メールでご予約を
お願いいたします。
(フリーダイヤル)
0120-977-829

help@kishinin.com
お問い合わせフォーム
★ネット予約★
※お急ぎの方、時間外を希望される方は、お電話でお問い合わせください!!

電車でお越しの方は、JR新小岩駅から徒歩12分です。
地図(Yahoo!MAP)

お車でお越しの方は、指定のコインパーキングをご利用いただくと駐車料金をお支払します。

クレジットカードご利用頂けます
クレカード1

<プロフィール>
総武線JR新小岩駅トホ13分の「鍼灸希心院」の安達一彩です。西洋医学から原因不明といわれる病にたいして日々闘って25年目に入ります。健康面でお悩みでしたら28000人以上の実績をもつ私におたずねください。フリーダイアルでもメールでもお気軽にどうぞ!!
院長プロフィール詳細
鍼灸師としての心得

<Podcastで毎週金曜日に配信中>






葛飾区kishininをフォローしましょう

SNSキャンペーン
この機会にぜひ、
ご利用ください!!

キャンペーン詳細

人気記事ランキング
facebook
ブログ更新情報をお届けします!
「いいね!」お願いします!

院長の安達一彩の個人アカウント

QRコード
QRコード

RSSリンクの表示